結婚は紙切れで結ばれた「恋愛の契約書」だと思う:【期間限定】アラサーをめぐる暮らしのマガジンより

SPONSORED LINK







この企画を始めてから、エッセイ好きになった桃です

アラサーをめぐる暮らしのマガジン

毎週お題を決めて週6日、6人で更新をしているマガジンです。

今週のお題は「結婚」

ぜひ他の方のエッセイもチェックして見てくださいね!

結婚は紙切れで結ばれた「恋愛の契約書」だと思う

25歳、日本人、職業ライター・ブロガー、アメリカ人の彼氏あり。将来の夢は「お嫁さんになること」です。

「可愛い!」「素敵!」

そんな言葉を待つために、わたしは「お嫁さんになりたい」と言っているわけではありません。

もちろん子供も欲しい…。きっと愛する人との子なら絶対可愛いから。

でもわたしはそれより、誰かの「お嫁さん」でありたい

 

わたしは、常に恋愛をしているタイプの人間です。恋愛は人生を美しく彩るために、必要不可欠なものだと思っているから

誰かと「交際」していなくても、常に誰かを「好き」でいることは素晴らしいことだと、これまで散々歴代の彼氏に裏切られても思うのだから、もう一生そう思うんだと思います。

 

わたしの周りでは、「結婚して子供を産んで育てる」ことよりも、なぜか「バリバリ働くキャリアウーマン」が攻めてるように語られがち。

「類は友を呼ぶ」という言葉通り、もしかしたらこれまでたくさん恋愛をして、ひどい目にあってきた子たちが集まって話しているから、「結婚はしたくないけれど、可愛いから子供は欲しい」みたいな話になるのかもしれません。

 

長年「事実婚」だった、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピッドが正式に結婚し、ハリウッドの「事実婚」が一気にメディアで紹介され、それに憧れた友人もいました。

それでも、こんなご時世だからこそわたしは結婚がしたい。恋愛は、紙切れで結ばれた「恋愛の契約書」だと思うからです。

 

こんなにたくさんの人が世界にいるのに、たった二人だけが、同じ気持ちで一緒にいたいと思える。

世界には70億人以上の人がいて、毎日知らない人とすれ違っていても、その中でたった一人、心から愛する人を見つけ、その生涯を終えるまで一緒にいられる。

 

「好き」とか「愛してる」は目には見えません。(もしかしたら近々、相手の心の中が見える機会が出回るかもしれないけれど。)

しかし、その「好き」や「愛してる」が唯一形となるのが、婚姻届であり結婚なのだと思います。

 

「好き」でなくても車はプレゼントできます。ダイヤの指輪だって渡すことができます。

お金で換えられないその気持ちを、唯一形式上で表すことができたのが、「婚姻」だと思います。

わたしはこれまでたくさんの人の「言葉」振り回され、裏切られ、傷つけられてきました。

 

だからこそ、目に見える証拠が欲しい。

 

ちょっと嫌な感じがするかもしれないけれど、わたしにとって「一生この人を好きでいていい、愛していい」という許可書のようなものだと思っています。

もちろん心の繋がりは、少しずつ作り上げることができます。でも、それはたった一度の誘惑で壊されてしまうかもしれません。朝起きたら好きでなくなって、さようなら。一生会えなくなるかもしれません。

 

もちろん、結婚していてもそのような問題にぶつかることはあるでしょう。

でもそんなときこそ、「わたしたち、一生愛していくって誓ったよね」と思い出させ、一緒に壁を乗り越えるセーフティーバーのようなものになるはずだと信じています。

そしたらきっと、今乗り越えられない問題も、たとえどんなに時間がかかっても、乗り越えられる気がするんです。

 

わたしは未婚です。だから結婚が実際にどんなものか分かりません。

もしかしたら「甘ったれてる」とか、「そんな美しいものではない」と思う方もいるかもしれません。

でも誰にでも夢を持つ権利はあるし、それに憧れる権利がある。

 

だからわたしは、「結婚」が夢であり、一生不安になることなく愛し愛されたい。

だから、結婚は「一生この人を愛し、愛されていいんですよ」という「恋愛の契約書」だと思っています。

 

————————————–

毎週テーマを決めて、それぞれの立場から思いを綴っていきます。

アラサーをめぐる暮らしのマガジン

執筆者のブログもどうぞ!

月曜日:ナースあさみ「Live Your Life
火曜日:世界のマキタ「世界のマキタ
水曜日:チヒロ「かもめと街
木曜日:桃「桃と甘夏
金曜日:若林杏樹「anman
土曜日:みてみて「かっぱ主婦の井戸端かいぎ

SPONSORED LINK







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA