【ネタバレ】ヒーロー映画初心者でもジャスティス・リーグが楽しめる4つのこと

SPONSORED LINK







桃@Momo
週7~8本を鑑賞する洋画ソムリエの桃(@XxPeach)です

 

今話題のDCコミックス版『アベンジャーズ(2011年)』と呼ばれた、『ジャスティス・リーグ(2017年)』を観に行って来ました!

 

  • ヒーローのこと何にも知らないけど大丈夫?
  • スーパーマンしか知らないけど気になる!

あなたは流れるCMを観て、こんな風に思っていませんか?

桃@Momo
これまで真面目にDCコミックのヒーローを見てこなかった…

 

昨年大ヒットした、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年)』に続き、今年5月に公開し大ヒットを記録した『ワンダーウーマン(2017年)』と、DCコミックスヒーローの実写化が立て続きに公開されています。

ヒーローなんて分からないけど気になる…という人に、若干のネタバレを含めて『ジャスティス・リーグ(2017年)』の面白さをお伝えします。

 

スポンサーリンク

ジャスティス・リーグって何?

ジャスティス・リーグとは、アメリカの出版社DCコミックスが出版している漫画のヒーローたち(以下のメンバー)で構成された地球を救うことを目的とした最強チームです。

スーパーマン(地上最強の男・写真不在)/クラーク・ケント(ヘンリー・カヴィル)

バットマン(闇の騎士・写真真ん中)/ブルース・ウェイン(ベン・アフレック)

ワンダーウーマン(世界最強の女性ヒーロー・写真右から二番目)/ダイアナ・プリンス(ガル・ガドット)

フラッシュ(地上最速の男)/バリー・アレン(エズラ・ミラー・写真左から二番目)

アクアマン(7つの海の王)/アーサー・カリー(ジェイソン・モモア・写真左)

サイボーグ(IQ170の機械男)/ビクター・ストーン(レイ・フィッシャー・写真右)

となっていますが、前回の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年)』ですでにスーパーマンは敵に殺されています…。

だからポスターや宣伝はバットマン以降の5名だけなんですね。

 

ちなみに、昨年のハロウィンで超セクシーな仮装で盛り上がった、ハーレイ・クインが所属する『スーサイド・スクワット(2016年)』は上記ヒーローたちの悪役です。

今回の『ジャスティス・リーグ(2017年)』は『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年)』の続編。

 

一番強いスーパーマンがいない中、スーパーマンなしでバットマンが世界中からヒーローをスカウトしに行き、ジャスティスリーグがチーム化します。

仲良くないチームで大丈夫?

とにかく難ありな人たちが集まってしまったジャスティス・リーグ。

バットマンやワンダーウーマン、アクアマンはこれまで一人で戦って来ました。サイボーグはつい最近機械に体を奪われて上手く使いこなせないし、フラッシュは実戦経験なし。

スーパーマン亡き今、個々のチームとして力を合わせないといけないのに、仲間同士で全然会話しないし、冗談も言わないし、何より皆敵を倒すことに真面目すぎる!

 

真面目すぎる、地球を救うだけで恋愛は要らない!というヒーローが好きな方に、オススメの映画です。

弱すぎるフラッシュ

雷に打たれ、世界最速の男になってしまったバリー・アレン。

フラッシュという名前で仕事もせず、自分が住むセントラル・シティの自警を行なっているという設定です。

 

演じるのは巷で“アメリカの松潤”と呼ばれているカメレオン俳優、エズラ・ミラー

彼はこの映画でブレイクしました!

 

なぜ私が「フラッシュが弱すぎる」と言ったのか。実はフラッシュはHuluでThe Flashというタイトルで、すでに海外ドラマになっているんです。

 

主演はgleeのセバスチャン役でブレイクした、グラント・ガスティン。ドラマのフラッシュと映画のフラッシュはキャラクター設定が違います。

ドラマのフラッシュは、日中は警察の鑑識官として働き、夜は自分を世界最速に変えたスターラボの仲間とともに、戦闘を学びながら街を守ります。

同じくスターラボが原因でメタヒューマンと呼ばれる、普通の人間では考えられない能力を持ってしまった人たちから、街を守るために活躍しています。

 

ちなみに私はこちらのフラッシュの方が好き。映画のフラッシュはちょっと喋りすぎていて、もともと頭がいいのにその頭脳を活かしきれていない気がします…。

ちなみにHuluは30日無料期間を行なっています。期間内に解約すると無料で観ることができるので安心して利用できます。

 

今回新人ヒーローとしてフューチャーされているフラッシュ。ちょっと口数が多く幼稚な彼の活躍はあまり期待しない方がいいかもしれません…。

やっぱり強かった…スーパーマンが還ってくる!

今回『ジャスティス・リーグ(2017年)』で最大の敵である、ステッペンウルフにワンダーウーマンがなかなか倒せない中、復活したスーパーマンの一撃で大きなダメージを負います。

そして、それに便乗してバットマンやワンダーウーマン、アクアマンが一気に攻撃して結果勝つのですが、やっぱりスーパーマンがいないとジャスティス・リーグはダメなんですね…。バットマンは副リーダーに降格です。

 

ちなみにスーパーマン/クラーク・ケント演じるヘンリー・カヴィルは超イケメン。笑うと若干八重歯が見える笑顔が最高なので、女子は『ジャスティス・リーグ(2017年)』の前に『マン・オブ・スティール(2013年)』を観るといいかも。

『マン・オブ・スティール(2013年)』という映画はスーパーマン/クラーク・ケントをもっとよく知りたい方にオススメ!Huluでも配信しています。

もっと楽しみたいなら

今回の『ジャスティス・リーグ(2017年)』は、なんの予備知識もなく純粋に楽しめる映画です。

エイリアンである敵をみんなで一緒に倒すヒーローが活躍するアクション映画として捉えていただいて問題ありません。

しかし、イケメンのスーパーマンが持つ謎、スタイル抜群のワンダーウーマンのこれまで、フラッシュの誕生秘話などをもう少し知りたいなら、配信サービスと12月3日にレンタル開始になるDVDなどで、ちょっと知識を増やしておくのもアリです。

DCエクステンデット・ユニバース・シリーズ

今回この映画は、DCエクステンデッド・ユニバース・シリーズの第3作目としてリリースされました。

DCエクステンデット・ユニバースとは?
アメリカのDCという出版社が出している、漫画の主人公であるヒーローたちを集め、一つの世界観を共有し作り上げる作品集です。

もともとスーパーマンやバットマンはそれぞれの漫画で活躍していましたが、一人では倒せない共通の敵を一緒に倒すために力を合わせて、このエクステンデット・ユニバースという作品集で戦っています。

 

下記シリーズを見ると少しずつ話が繋がっていきますので、順番に観ることをオススメします。

マン・オブ・スティール(2013年)』
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年)』
ワンダーウーマン(2017年)』
ジャスティス・リーグ(2017年)』
『アクアマン(2018年12月上映予定)』
『シャザム(2019年4月上映予定)』
『ワンダーウーマン2(2019年11月上映予定)』
『サイボーグ(2020年4月上映予定)』
『グリーンランタン・コァ(2020年7月上映予定)』

Hulu

Huluでは、『ジャスティス・リーグ(2017年)』に関する以下の作品が30日間無料で視聴できます。

『バットマン・ビギンズ(年)』
『マン・オブ・スティール(2013年)』・・スーパーマン/クラーク・ケント(主演ヘンリー・カヴィル)
『The Flash(2014年〜)』・・フラッシュ/バリー・アレン(主演グラント・ガスティン)

TSUTAYA・U-NEXT

TSUTAYA DISCASまたはU-NEXTでは最新の映画も視聴できます。U-NEXTでは30日間無料試聴も可能です。


(どうやらU-NEXTでは『君の名は(2016年)』もリリースされたみたいです!)

『ワンダーウーマン(2017年)』・・ワンダーウーマン/ダイアナ・プリンス(主演ガル・ガドット)

まとめ

マーベル社のヒーローたちを集めたシリーズである、『アベンジャーズ(2011年)』に公開されてから、マーベル社より歴史あるDC社のヒーローたちを集めたシリーズを、ファンは待ち望んでいました。

そんなコアなファンでなくても、ヒーロー初心者で面白そうと思っている人でも気軽に楽しむことができる『ジャスティス・リーグ(2017年)』。

 

現在マーベル社はかなり多くの作品をすでに輩出しており、これから追いつくには毎日映画を観て2〜3週間程度かかるでしょう。

しかしDC社のヒーローならたったの3作品しかありません。

 

ぜひHuluやTSUTAYA DISCAS、U-NEXTでささっと1日で復習をして、アクションを大スクリーンで観てみましょう!きっとアメコミヒーローの魅力に取り憑かれるかも!

スポンサーリンク

SPONSORED LINK







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA