耳が惚れた!期末テストで35点しか取れなかった私が、アメリカ人の彼氏が出来るくらいの”話せる英語”を学ぼうと思った3つのきっかけ

SPONSORED LINK







先日アメリカ人彼氏との国際恋愛中ということをお話しさせていただきましたが、実は私、英語が大嫌いだったんです。

  • 単語が読めない
  • 文法が分からない
  • 長文が読みきれない

平均点が80点のテストの中、私が取ったのは35点。周りの友人の反応が冷たかったのを覚えています…

そんな私ですが、高校卒業半年後には渡米し、4ヶ月間の語学留学で英語の基礎を学びました。帰国後は日本に来ている留学生と普通に英語で会話が出来る程度に。
今ではアメリカ人彼氏のことを高校時代の友人に話すと、「人って変われるんだね…」

私が変わった理由をお伝えしたいと思います!

1:ジュネーブへの一人旅


高校時代に出来た友人を訪ねて、初めてジュネーブへ一人旅に行った際、まず友人が5ヶ国語を話すことに感銘を受けました。

そして滞在中彼女の友人5〜6人と遊んだ際、外国人の私に彼らは一生懸命、英語で話しかけてきたのです。
ベーシックな英語しか分からなかった私は、言っていることは若干わかるものの、会話などは程遠く、愛想笑でその場を凌いでいました。
そこで私は、英語という一つの言語だけで、人生において関われる人が何倍にも増えるということを知りました。

帰国後、何も出来なかった虚無感から、英語を真面目に勉強してこなかった自分を責めました。
でもどうしたら”話せる英語”になるのかが分からなかったのです。
どんなに音読をしても、どんなに単語や文法を覚えても、話せないのです。
そこで、早いうちに留学することを決意し、アメリカへと飛び立ちました!

2:私の耳が惚れた


第2の理由は音が好きだったからです。
日本語にないRやTH,Fの音がすごくセクシーに聞こえて、暇さえあればずっと洋画・洋ドラマを見て過ごしていました。
そして気付いたのです。。イケメンじゃなくても、英語の発音が綺麗だったらイケメンにみえる!聞こえる!!

一つの文章に何度も波のような音の流れがあること、発音に魅了され、かっこいい!!いつか自分も話してみたい!!と思いました。
そしてあわよくば、耳元でロマンティックな言葉を囁かれたい!!!

実は今までに韓国語、スペイン語、フランス語を第3外国語として挑戦しましたが、全て挫折しました。
その理由が、他の言語を学べば学ぶほど、英語の音が素敵に聞こえてどうしても勉強に集中出来なかったのです。

世界には私の目に触れたことのない言語もまだまだたくさんあります。
第3、第4言語を学ぶ時は、次に私の耳を惚れさせてくれる言語に出会った時だと思っています。

3:イケメンと友達になれる!


…はい、これです。これに限ります(笑)もうこれですよね。
マーベル社の3大クリス(クリス・ヘムズワース、クリス・エヴァンス、クリス・プラット)似のマッチョイケメンから、エズラ・ミラー、グラント・ガスティンのような頭が良さそうなイケメンなど、世界にはたくさんのイケメンがいます。

そんな憧れの彼と一言でも話がしたい…!と思った時、もしあなたが英語が話せたら。
そうです、彼らに近づくことが出来るのです!

運が良ければそのまま彼と、素敵な時間を過ごすことも不可能ではありません。

どうでしょうか。少しでもわたしのきっかけから、あるある!と思っていただき、一人でも多くの方が話せる英語を取得出来るようになりますように!!
次の記事は、私が3ヶ月の語学留学で話せる英語になった5つのポイントをご紹介します!

SPONSORED LINK







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA