“I love you”って一体なんなの!?ちょっとイラついたのでアメリカ人彼氏を持つ私が考えてみた。

SPONSORED LINK







“I love you”。映画でもドラマでも全てのシーンの中で一番ロマンチックなところで主人公が発する、世界で一番美しい言葉。
日本語だと”(私は/僕は君を)愛してる”という訳になりますね。

私の彼はアメリカ人という話をしましたが、彼はアメリカで生まれアメリカ文化で育ったアメリカ人なので、この言葉を使うときもアメリカルール。
実はこの言葉、やたらめったら使われる言葉ではないのです。

「素敵な外国人に耳元で囁かれたい!!」なんて女子には少しがっかりさせてしまうかもしれませんが、お付き合いください。

付き合ってもI love you は重すぎる

「愛してるよ〜 icon-heart-o 」「私も  icon-heart-o 」なんて会話は、日本人同士ではよくあること。
実際私の日本人の元彼も、付き合って1ヶ月で”愛してる”という言葉をくれました。

ドラマや映画でも、付き合って間もないカップルがなので今回も、正直今か今かと待ちわびていました。
ですがなかなか言ってくれないのです。

実はこのI love you、ものすごく重い言葉だそう。

人によっては、家族のような存在にしか使わず、「君なしでは生きていけない」なんてときにしか言わないという説も。
何度デートをして、真剣に付き合っていても、I love youを言われないことは稀ではないようです。よかった!

じゃあいつ言ってくれるの?

(マックス)
本気で愛する覚悟ができたら。

先ほど「君なしでは生きていけない」と感じたにいう説もあることを例に挙げましたが、それはいわゆる”結婚を視野に入れている”ということ。
それだけ、”愛してる”という言葉に責任と重みがあることがわかります。

もちろん個人差はありますが、多分私の場合は婚約直前かなあと思っています。
それだけ彼にとっては大切な言葉で、私が一回10〜15万掛けて彼に会いに行っても、くれないということはそういうことです。

…すみません、ちょっと悪態つきました(笑)
でもいつか電話を切る前とか、寝る前とか、”I love you”ってロマンチックに言われたい!!

おまけ:一番胸キュンした”I love you”にまつわるドラマシーン

私が一番胸キュンしたシーン、それはゴシップガールシーズン2、1話のブレアのセリフ。

“3 words, 8 letters, say it and I’m yours”
「3ワード、8文字。言ってくれたら私はあなたのもの。」

この3 words, 8 letters が”I love you”
このシーンを見ると、アメリカ人がどれだけ”I love you”に重みを感じているかが分かります。
胸キュン必須なので、ぜひ一度ご覧ください!

SPONSORED LINK







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA