>> サイトマップはこちら <<

人見知りは海外旅行の敵!隣に座った人と5秒で仲良くなれる4つのポイント

こんにちは、桃(@XxPeach)です。

いきなりですが、旅に出た時現地で出会った方と、交流したことありますか?

知らない人にこっちから声を掛けるのって、勇気が要りますよね…

だったら、相手に声を掛けさせてみませんか??
隣に座った人に声を掛けさせる4つのポイント、ご紹介します。


SPONSORED LINK

ニコニコする


ニヤニヤではありません。ニコニコです。

感情が顔に出るタイプの私は、列車や飛行機に乗ると、次の目的地を思い浮かべワクワクが顔に出てしまいます。

きっと、「この子、楽しそうだなあ…」と思われているのでしょう。

大抵隣に座った方、老若男女問わず、「どこに行くの?」と私に聞きます。
そこから話が弾んで、2,3度次の都市でのオススメエリアを教えてもらい、実際にそこにいくのが密かな楽しみ。

オックスフォードからロンドンへの2時間の列車。

初めて友人と乗車したのですが、土曜日の午前中だからか車内は満席。

やっと見つけた青年の隣のシートに座り、「今日は混んでますね。」という一言から会話がスタート。

「初めてのロンドンなら、カムデンっていうエリアに行ってみて。有名な俳優やミュージシャンがバーで溜まっているんだ。アーティスティックな壁画も見ることができるから楽しいと思うよ」

アイルランド系スコットランド人の彼のアクセントは、すごく聞き取りづらかったのですが、しっかり情報はゲット。

なんとそこは、日本の雑誌にも記載されているくらいの注目度の高い場所、カムデンシティ。

大きなマーケットもあり、アルゼンチン出身の友人は交渉してカバンを購入していました。

とても素敵なことを教えてくれた、彼に感謝です。


SPONSORED LINK

ワクワクを顔に出す


上記の通りですが、顔に出にくい方も、口角をちょっとだけあげて見てください。

街を歩いていて、怖そうな人には話しかけないですよね。

笑顔は言語を超えた会話だと思っています。
誰かの笑顔を見ると、自分まで笑顔になります。

そのきっかけを自分から作ってみてはいかがでしょうか。

旅慣れた雰囲気を出す

「私、飛行機乗り慣れてるし。」
「この列車乗るの、何度目かなあ。」

なんて、ちょっと過剰に思ってみると、自然と顔に余裕が現れます。

実際に私はこれで、ロンドンの地下鉄駅で道を聞かれました。

ロンドンは、2ヶ月間のオックスフォード滞在中何度も行っていたので、本当に乗り慣れていたので落ち着いて答えることができました。

ですが、内心はここの人だと思われた!と、とっても嬉しかったです。

思わぬ形で声をかけてもらえることもあるので、ちょっと試してみてはいかがでしょう。


SPONSORED LINK

とにかく妄想せよ!

「あ〜、今日はここに行って、写真撮って、買い物して、夕飯作んないと!」

少しでも妄想することで、わざと自分自身を騙すのです。

そうすることで、住んでいるかのように旅ができる。
住んでいる人は挙動不審にはなりませんよね。

「私はここに住んでるけど、何か?」

くらいの妄想をすると、次第に小慣れた雰囲気を醸し出すことができると、急に話しかけられるかもしれません!

以上4つのポイントを紹介しました。

しかし、やりすぎには要注意。
ヘラヘラしていると思われ、お金を取りやすい、騙されやすいと勘違いされることもあります。

日本は本当に世界でもトップクラスで治安の良い国です。
くれぐれも「自分は日本にはいない」ということを忘れずに。

ぜひ次回海外に行った時は、騙されたと思って一つでもトライしてみてください。

もしかしたら、ラッキーな情報を得ることが出来るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA