プロフィール

【誕生日特別企画】私が発信するたった一つの理由

本日9月15日、27歳になりました。おめでとう、わたし。ここまでよく生きた。

途中で人生やめちゃおうと、何度思ったことか。

ただ、今はやめなくてよかったかな〜と、思ってます。

 

今回は、フリーランスとしてなぜわたしが発信するのかちょっと考えてみたので、恥ずかしいですが伝えたいと思います。

5年後、10年後、15年後の「10代で海外を経験」を増やしたい

5年後、10年後、15年後の「10代で海外を経験」を増やしたい

これは、わたしが仕事をする上での、最大の目的であり目標です。

 

理由はとってもカンタン。

地図の一番端っこにポツンと存在する日本が、今よりもっと一人でも多く世界と繋がることができたら、日本はもっともっとステキで素晴らしくて誇らしい国になると確信しているから。

島国日本をどう生き抜くか

日本は島国で、飛行機または船を使わないと、日本の外に住んでいる人との交流はグッと少なくなる。

これがメリットなのかデメリットなのか、わたしにはまだよくわからないし、多分一生わからないけど、日本はその中でとてつもない発達をしてきたのは事実。

すごい、すごい、日本。

 

ただ、そのぶん、日本人の日本の外に関する意識や考えって、まだまだ低かったり遅れてるのではないかなあと。

何を隠そう、わたしも18のときまでは、韓国は日本人をあんまり好きじゃない、肌が白い人よりも黒い人の方が怖い、紛争は起こってるみたいだけど日本に被害ないし……そんな考え方をしていた一人でした。

 

大学入学前、偶然やタイミングが重なり、はじめてヨーロッパのスイスに行って、肌の色、ルーツ、年齢などなど、一見何も共通点がなさそうな友達の輪の中に入って一緒に時間を過ごす中で、気付いたことがある。

それは肌の色とかルーツなんて関係ない、どんな「人」と付き合うかということ。

 

これまで、たまたま日本で生まれて日本で育った人としか関わってこなかっただけ、日本語しか話せない人としか友達じゃなかっただけ。

でも、もし、親友の肌が黒かったら、もし、クラスメートが5ヶ国語話せたら、中学・高校の部活内で日本人がわたし一人だけだったら。

わたしの人生、もっと違ったかもしれないと思った。

 

若いうちから日本の外のことを知ることで「外見」や「出身国」なんかで判断しない、遠い国で起きていることを他人事に思わない、もっといろんなことを広い視野で見られるようになるんじゃないかと思った。

 

別に、わたしの育ってきた環境を恨むとか、なんだかんだという話ではないけれど、もっと早くそんな選択肢を知っていればよかったな、18で気づいたのはわたしにとっては遅かったなというのが率直な感想で。

 

今からわたしが「さあ何かしよう!」と立ち上がるよりも、わたしは、ネットを使ってわたしの経験を、これから人生のたくさんの決断をしていく10代の若い世代にシェアしていく

そして、願わくばそこから、日本の外にはたくさんの魅力的な国があることを知ったり、興味を持ったり、映画やドラマを見たり、学んだり、遊びに行ったり、留学したり……してくれたら嬉しいなと。

 

わたしがシェアすることで、世界にはいろんな選択肢があるということを、知ってくれる若者の母数が増えれば、日本はもっと生きやすい国になるんじゃないかな。

そう願いながらシェアをし始めたのが、大学卒業後でした。

わたしなりの発信方法でシェアしたい

さっきからなんども使っている「シェア」という言葉。

「伝えたい」とか「届けたい」という言葉ではなく「シェア(共有)」という言葉を使うのは、誰かに強制したくはないから。

 

事実であっても煽ったり、厳しくしたくない。

というか、それはわたしの役目ではないと思う。

 

わたしは、きっかけを与えられたり、悩んでいる人の背中をポンと押せる存在になりたい。

わたし自身、石橋を叩いて渡るタイプだったから、一歩踏み出す勇気も怖さも全部わかるから。

いくら煽られたってやらない、けど、自分の好奇心が少しでも傾いたら、次の一歩は軽くなる。

今は、旅好きがみるメディアで執筆したり、ひとり旅や海外初心者向けの記事をブログで書いているけれど、これから少しずつ目標を達成するためにさまざまなアプローチでシェアしていく予定です。

そろそろリリースするのは、映画や海外ドラマから、文化や英語の魅力を伝えられるように、YouTubeを使っておすすめの作品を紹介したり、英語勉強法をシェアすること。

YouTubeが落ち着いたら、写真で惹きつけるInstagramの本格運用を始めたり。

わたしもシェアすることにワクワクしてるから、楽しい!って気持ちがまずは伝わったらいいなあと。

人種差別やLBGTQについてもシェアしたい

わたしを含め、日本は人種差別に疎かったり、LBGTQに対する意識がどうしても低いのは否めないなあと思っているのは事実。

とはいえ、わたしも人種差別やLBGTQと本格的に向き合い始めたのは、海外ドラマ「glee」を見始めてから。

まだまだ知らないことがたくさんある上に、わたしはたまたまストレートで、LBGTQではなくて、理解が追いついていないこともある。

 

でも、幸い、わたしの友達や発信者の中には、カミングアウトをしてくれている人がいて、そんな方々と話したり聞いたりしていきながら、ストレートのわたしなりに伝えていけることがあるんじゃないかな?とも考え中。

わたしもたくさん勉強したいので、発信していく上で力を貸していただけたら嬉しいです。

世界が好き、英語が好き、旅が好き

「5年後、10年後、15年後の「10代で海外を経験」を増やしたい」

この目標は、最近急に思いついたわけではなく、実は、大学時代の就活の時から考えてはいたものの、なかなか言葉にするのはなんだか恥ずかしくてできなかった。

 

Twitterで130いいねもついた「9歳から隠し続けてきたコンプレックスを公開して発信するたった1つの理由」の記事も、全身外見コンプレックスから、留学して体型のことはいじられなくなって。

さらには洋服を褒められるようになって、はじめてついた自信だから、結局伝いたいのは、今も前も何も変わらないんだなと思ってる。

 

そして、わたしの目標の中には、また、さらに小さな野望がある。

それは、

わたしがシェアした体験から実際に海外に出ていろんな経験を積んで、そんな人が将来日本を背負ってさまざまな選択をしてくれたら、いいな。

未来の大臣や首相が英語でいろんな国と対話を深めて、いろんな情報を集めて、ベストな決定をしてくれたら、いいな

 

ということ。

 

バカじゃないの、そんなことしたって変わらないよ。

と、思う人もいるかもしれない。

 

でも、わたしは、そんな少しの、ほんの小さな野望を持ってシェアしていきたい。

これからの仕事について

これまで「楽しい!」「やってみたい!」と思う仕事に手を出してきましたが、ここで宣言した通り「5年後、10年後、15年後の「10代で海外を経験」を増やしたい」という軸を一番に仕事をしていく予定です。

これまでは旅行の販売、書き物、写真、喋りなどいろいろやっていましたが、方法に捉われず、アプローチ方法も絞らず、さまざまな角度からシェアしていくつもりです。

お仕事は問わず、軸に沿っていればなんでも挑戦していくので、何かわたしにできることがあればなんでもウェルカムです。

知り合いやお友達だったら喜んで引き受けます。

Twitter(@XxPeach)のDMより、お待ちしてます!

あとがき

朝起きて、頭がぼーっとする中「ああ、27歳になってしまった」と思ってしまい、すぐに罪悪感が襲ってきた。

違う違う。「27歳になってしまった」ではなく「まだ27歳」。

そう思えたのは、Twitterでわたしより少しだけ先の人生を楽しく歩く、先輩たちがいたから。

ありがとうございます。もっと楽しく挑戦する姿、見せてください。

27歳、楽しむぞ〜〜〜!

(しれっと欲しいものリスト置いておきます。紅茶はわたしの仕事を加速させます。おめでとうのための記事シェアも嬉しいです)

ABOUT ME
桃@Momo
92年生まれ。アメリカ&イギリスへの留学で日本語力ゼロのアメリカ人と2年交際できるほどの英会話力→元旅行会社で新卒入社から半年で営業成績トップ→転職歴3回→フリーライターに。ひとり旅好きで20ヵ国以上訪問したけど日本が一番好き。