>> サイトマップはこちら <<

国際遠距離恋愛って辛くないの?時差14時間の超遠距離恋愛中の私の一年間

こんにちはアメリカ人彼との国際遠距離恋愛が一年を突破した、桃(XxPeach)です。

今年の4月でやっと一年を突破しましたが、ここまで長く辛い道のりでした…。

「アメリカと日本で遠距離恋愛してます」って言うと、80%の確率で聞かれるのが、「辛くないの?」「浮気されそう…」

わたしは一度、アメリカと日本での国際遠距離恋愛に失敗しているので、今回の交際もかなり賭けなところがあったんです。

年に2回しか会えないし、ここまでくるのに精神的に険しい道のりを歩んできました。

  • 国際遠距離恋愛中で不安な人
  • 国際遠距離恋愛をこれから控えている人
  • 国際遠距離恋愛の本音が知りたい!

そんな方に向けた記事となっています。


SPONSORED LINK

最初の1ヶ月は地獄だった

彼がアメリカに帰る5日前まで沖縄に旅行をしていたため、彼にべったりし過ぎていました。

その上、出発がギリギリになってしまった彼とわたしは焦ってしまい、ちゃんと空港でさよならができなかったのです。

そのため、最初の1ヶ月はとんでもなく辛過ぎました…。

彼を空港から見送って3日間は泣きっぱなし、そして4日後には転職したため、新しいオフィスに慣れないといけず苦戦…。

今まですぐ近くにいた人がもう国を超えて同じ場所にいないと言う事実は、思っている以上にわたしに精神的ダメージを与えたのです。

それでも耐えないといけないと思い、前回の国際遠距離恋愛の失敗を思い出しながら、毎日を必死に生きていました。

国際遠距離恋愛をする私がとても気をつけている3つのこと
SPONSORED LINK

会えない7ヶ月間で二度の破局目前

残念ながら4月から入社した会社とは合わず、1ヶ月で退職。

5月のゴールデンウィーク明けに待ちきれなくなって彼に会いに行きました。

合うことで気持ちは落ち着いたものの、そこから長い長い7ヶ月間が始まったのです。

街を歩いているカップルを見かけ、「もしわたしが日本人と付き合ってたら、ああやって手を繋いで歩いていたのに…」

待ち合わせをしている女の子を見て、「わたしも待ち合わせの相手が日本にいたら、可愛い格好してメイクをしっかりして楽しみに待つのに…」

そんなことばっかり思って落ち込み、なかなか電話ができない彼に当たってしまうことも…。

遠距離恋愛が辛過ぎて別れの話をしながら夜中になったこともありました。

恋人が海外にいてもラブラブでいたい…でも『自分は無力だ』と感じた瞬間トップ5

でもこれまで彼と別れずに一緒にいることができたのは、わたしの幸せを一番に考え行動してくれる彼のおかげです。

不安は解消しないと、いつまでもモヤモヤと心の中を侵食してしまい、知らぬ間にあなたの心を荒らします。

そしてそれは、一番大切な人を傷つけることになるかもしれません。

遠距離恋愛の不安はこれで解消!7つのルールで愛され女子になりましょう

女性は愛されていなくちゃ!ですよね。

交際一周年を幸せに迎えました

そして、念願の一周年をアメリカで迎えました!

アメリカのクリスマスは小さな幸せが止まらない上に最高すぎた

久しぶりに会う彼はやっぱり外国人で、彫りが深くて青・緑・灰色の目がキレイ。

昨日まで連絡を取っていたのに、バラの花束を持って待っててくれた彼がもっと好きになり、少し照れてしまいました。

Momo Naganoさん(@momopeachnagano)がシェアした投稿

普段は恥ずかしくてこんなことしないのに、「花好きでしょ?」って買ってきてくれたの、本当に可愛い!

滞在中はわたしも彼も仕事をしながら、素敵な時間を過ごしました。

そんなわたしたちのような国際恋愛をしたい!という女子に向けて書いた記事がこちら 外国人彼氏が欲しい人必見!国際恋愛が始まる3ステップはこれだ!

Momo Naganoさん(@momopeachnagano)がシェアした投稿

滞在中わたしと彼のど真ん中になんども入ってきては、癒しを与えてくれたロキシー。


SPONSORED LINK

一年を機に心が落ち着くように

帰国後は、わたしがフリーランスとして生活が安定するまでアルバイトをすることに決めたので、最近はなかなか話す機会も減りましたが、喧嘩することもずっと少なくなりました。

長くかかってしまいましたが、やっとわたしの中で彼が同じ国にいない、簡単には会えないという事実を、受け入れることが出来たのかもしれません。

心に余裕ができると、こんな記事も書けます 遠距離恋愛7つのメリット遠距離恋愛は辛いだけじゃない!一年続いてわかった9つのメリット

もちろんそれは、わたしたちが公表していない間に、なんども繰り返された別れ話があったから。

そのために一緒に「どうしたら一番いいのか、どのような結末がわたしたち二人ともが幸せになれるのか」を考えて、常に前をみて歩いているからだと思います。

遠距離恋愛別れ遠距離恋愛で別れの危機が…大切な話をする前に確認したい9つのこと

とんでもなく辛い日々からはいつか解放される

遠距離恋愛で別れの危機が…大切な話をする前に確認したい9つのことでも記載したのですが、まず遠距離恋愛を続けていること自体、すごいことなんです。

普通物理的に遠くに離れていたら、精神的にも離れてしまいがち。

定期的にデートをするからこそ、相手の知らないところをもっともっと知っていけて、好きになる。

でも遠距離恋愛は、恋人に大切なスキンシップを取ることもできない。

「大丈夫」の本当の意味を汲み取ることすらできないんです。

それでも、地球のどこかで誰かが自分のことを気にしてくれていて、好きでいてくれるって素晴らしいこと。

その人に会いに行くのに、何時間も、数十時間も掛けるなんて、もっとステキだと思いませんか?

遠距離恋愛が終わった時、嬉しい結末であれ悲しい結末であれ、きっとあなたの中には新しいことが学べているはずです。

わたしと一緒に、遠距離恋愛を乗り切りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です