>> 桃と甘夏のプロフィール

お金に惑わされず、「幸せ」を見つけたい:【期間限定】アラサーをめぐる暮らしのマガジンより

[voice icon=”https://momoxpeach.net/wp-content/uploads/2017/11/IMG_3908.jpg” name=”桃” type=”l”]エッセイは書いてて頭がスッキリするので好きです。桃(@XxPeach)です[/voice]

アラサーをめぐる暮らしのマガジン

毎週お題を決めて週6日、6人で更新をしているマガジンです。

今週のお題は「お金」

ぜひ他の方のエッセイもチェックして見てくださいね!

 


SPONSORED LINK

お金に惑わされず、「幸せ」を見つけたい

 

私の母は専業主婦でした。

父が結婚するときに母に「仕事しなくていいから、俺が養うから」と言い、母は父と結婚を決めたそうです。

 

母は保育士として今も働いているので、結局共働きの生活となっていますが、生活に関するほどのものは父が買います。

 

母は自分の化粧品とか鞄を中心とした自分の欲を満たすものを。

私たちの学費を少し出したりプレゼント買ってくれたりしていました。

 

そんな両親の元に生まれ育った私。

 

「家で一人でいるのはつまらなそうだから、ちょっと仕事をしようかな」

『わたしがお金を稼ぐ=家計を少し豊かにするため』

 

 

大学を卒業し、新卒で入社した会社では朝から晩まで身を粉にして働いていました。

そして毎月家族を養えるほどのインセンティブをもらっていました。

 

欲しいものはなんでも手に入りました。

わたしは、お金を持つことでなんでも手に入ると錯覚したのです。

 

「結婚するとしても、わたしが働けば相手はヒモ男でもいいや」

『わたしがお金を稼ぐ=家族を養い旦那が主夫になる』

 

大切な彼ができたのにもかかわらず、相変わらず身も心もボロボロになったわたしは、家族を養えるほどお給料をもらっていたのにもかかわらず、やめてしまいます。

 

職を転々とし、そしてわたしはフリーランスになりました。

手取りの給料が四分の一になりました。その代わりに「好きなことを好きな時にして稼ぐ」という技を身につけました。

 

「わたしが働くのは、好きな人に、一生を共にしたいと思う人に、嫌なことをしてまで家族を養うために働いて欲しくない」

『わたしがお金を稼ぐ=世界で一番好きな人に「家族を養う」にとらわれず、好きなことにどんどんチャレンジして欲しい』

 

お金は人の価値観を変えます。

お金は人の性格を変えます。環境も変えます。幸せの基準も変えます。

お金に惑わされず、「幸せ」を見つけたい。

 

 

 

————————————–

毎週テーマを決めて、それぞれの立場から思いを綴っていきます。

アラサーをめぐる暮らしのマガジン

執筆者のブログもどうぞ!

月曜日:ナースあさみ「Live Your Life
火曜日:世界のマキタ「世界のマキタ
水曜日:チヒロ「かもめと街
木曜日:桃「桃と甘夏
金曜日:若林杏樹「anman
土曜日:みてみて「かっぱ主婦の井戸端かいぎ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です