>> サイトマップはこちら <<

SNSはラブレター。遠距離恋愛におけるSNSの使い方:【期間限定】アラサーをめぐる暮らしのマガジンより

[voice icon=”https://momoxpeach.net/wp-content/uploads/2017/11/IMG_3908.jpg” name=”桃” type=”l”] 本日無事帰国しまして、とても眠い桃です。[/voice]

現在わたしが参加しているのは、「アラサーをめぐる暮らしのマガジン」
3ヶ月間の限定配信で、月額500円。看護師・漫画家・2児の母・旅ライター・アイドル・主婦という様々な背景の6人が曜日ごとに配信して行きます。

私は木曜日担当のため、こちらでも記事をアップします!ぜひご覧ください。


SPONSORED LINK

SNSはラブレター。遠距離恋愛におけるSNSの使い方

「◯時間前にログインしました」

わたしが朝起きて、まず最初に確認するのがこのログイン時間。

わたしはSNSを、大切な人の安否確認のために利用しています。

アメリカ人の彼と遠距離恋愛をうまく成り立たせるために必要不可欠なツールが、Facebookのメッセンジャーです。

Facebookのメッセンジャーには、相手の最終ログイン時間が表示されるだけでなく、電話もビデオチャットも、メッセージ・写真・ボイスメールなどを送ることができる機能を兼ねそろえています。

好きな人に会いに行くのに13時間と、さらには3時間の飛行機を乗り継ぐわたしたち。

遠く離れた地で願うのは、ただ1つ。『事故に遭わず病気をせず、元気でいてくれること』です。

大切な人に何かあったときに、すぐに駆けつけることができない、抱きしめてあげることができないもどかしさは、計り知れたものではありません。

そのためわたしたちは、お互いの安否確認のために、SNSを利用しています。

たとえば、彼が事前に何も知らせることなく10時間以上ログインをしていなかったら、すぐメッセンジャーを通じて電話をかけます。

「声が聞きたいな」と思った時、彼が3分前にログインをしていたら、迷いなく連絡を入れます。

こうやってわたしたちは少しずつ、わたしたちのペースを作りながら、国際遠距離恋愛で記念日一周年を迎えています。

もちろん、寂しさは埋めることはできません。でも寂しさよりも、安心の割合を大きくすることはできます。

Facebookのメッセンジャーの他に、彼とのコミュニケーションツールとしてInstagramも利用しています。

毎日話せる保証もありません。旅に出ていてなかなか連絡できないこともあります。仕事で一週間声が聞けないこともあります。

そんな時でも、「こんなものを食べたよ」「こんなところに旅したよ」「こんな景色を見たよ」

一つひとつの投稿に、彼へのラブレターの意味を込めて投稿しています。

そして彼からのイイネは、「ちゃんと受け取ったよ」の合図。他のイイネよりも何倍も、何百倍も、何千倍も嬉しいんです。

タグもつけるし、説明も詳しくするのは、皆さんに彼へのラブレターを特別公開しているから。

もしかしたらわたしが彼に送るラブレターが、男性・女性問わず誰かのところに届いて、ハッピーになってくれればいいなとも思っています。

好きな人や大切な人のSNSストーカーになってしまったり、フォトジェニックやイイネの数を追い求めすぎてしまうこともあるSNSですが、ぜひあなたにあった使い方をして、毎日を充実させてください。

—————————————-

毎週テーマを決めて、それぞれの立場から思いを綴っていきます。
「アラサーをめぐる暮らしのマガジン」
ご登録はこちら。よろしくお願いいたします♩

月曜日:ナースあさみ「Live Your Life
火曜日:世界のマキタ「世界のマキタ
水曜日:チヒロ「かもめと街
木曜日:桃「桃と甘夏
金曜日:若林杏樹「anman
土曜日:みてみて「かっぱ主婦の井戸端かいぎ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA