>> サイトマップはこちら <<

【ホームシアターの作り方】おすすめプロジェクターとサウンドで素敵な映画時間を

こんにちは!映画・海外ドラマが大好きで、年間180本程度を視聴する洋画ソムリエの桃です。

たくさん映画を観ているわたしは、劇場に足を運ぶこともありますが、ほとんどは自宅で作品を鑑賞するスタイル。

映画が大好きすぎて「いつかは自分だけのシアターが欲しいなあ…」と思っていましたが、調べると導入費がそこまでかからないことに気づきました!

現在マイホームシアター歴2年になり、感動は収まりません(*´꒳`*)

簡単に導入できるホームシアターを一人でも多くの人に、体験して欲しい!という願いを込めて、わたしのホームシアターに利用しているプロジェクターやヘッドフォンをご紹介します。


SPONSORED LINK

ホームシアターってどんな感じ?

映画好きなら誰しもが憧れるマイ映画館。

それが手に入るのがホームシアターです。

プロジェクターをPCに繋いで白い壁に映すだけ。

音がきになる方はヘッドフォンをして自分だけの映画館の出来上がりです。

一度見るともう小さい画面じゃ満足できない!

後ほどホームシアターにぴったりな作品をご紹介しますが、アクションムービーが特におすすめ。

一瞬も目を離せない素敵な劇場になります。


SPONSORED LINK

ホームシアターのメリット

ホームシアター歴2年のわたしが思うメリットがこちら

  • まるで映画館みたい!臨場感がスゴイ
  • ポップコーンの手も止まるほど映画に集中できる
  • 目が離せない!映画に夢中になる

目が離せない、大きなスクリーンのとりこに

ホームシアターの最大の魅力にしてメリットは、やっぱりそのスクリーンの大きさ!

これまでわたしは60インチのテレビで作品を鑑賞したり、PCを利用していましたが、その迫力は比べられません。

一度見たらもう他の機材で見られない!ホームスクリーンの良さです。

気付いたらポップコーンの手も止まるほど集中できる

ホームスクリーンに欠かせないのが、音。

良いヘッドフォンをすれば、とんでもなく良い音が聞こえます。

風を切る音や波の音、大きなスクリーンだからこそ楽しめる映画の世界がそこにあります。

比較できない臨場感

映画館で見たかった映画があっても、なかなか休みを取れなかったり、近くに映画館がなく見逃した作品もありますよね。

そんなときもホームシアターなら、まるで映画館にいるような臨場感が味わえます。

特にアクション映画やミュージカル映画の独特な作品への引き込み感は、ホームシアター以外ではきっと味わえません。

ホームシアターのデメリット

ここまでホームシアターをさりげなく絶賛してきましたが、デメリットもいくつか感じることがあったので、ご紹介しますね。

  • 夜でないと観れない
  • 防音対策をしないといいスピーカーは使えない
  • 集中しすぎて見ている間は何もできない…

夜でないと観れない

プロジェクターは周りが暗くならないと、綺麗に映りません。

そのため、自然光を遮るための黒いカーテンが必要になりますが、それでもどうしても日光は入ってきてしまいます。

ベストな映像を楽しむならば、夜が一番最適です。

さらに夜中使用される際は、プロジェクターの光が周りの部屋や近所迷惑になることもあるので、必ずカーテンは閉めましょう。

防音対策をしないといいスピーカーは使えない

ホームシアターといったら音が大切ですよね。

個人的なおすすめはこちらのスピーカーです。

実際に音を体験しましたが、小型なのにもかかわらず360度どこからも音が聞こえ、大迫力の音声が楽しめるといいます。

しかしこちらを使用するためには、部屋を防音に変えないといけません。

とはいっても、なかなか部屋を防音仕様に変えるのは難しいですよね。

ちなみにわたしがホームシアター用に狙っているのが、こちらのBOSE ネックフォン。

こちらも体験したのですが、若干周りへの音漏れが気になるものの、部屋で一人で楽しむのには最高のサウンドです・:*+.\(( °ω° ))/.:+

こういったネックフォンやヘッドフォンでスピーカーを代用する必要があります。

集中しすぎて見ている間は何もできない…

大画面で音が大きくて、まるで映画館にいるかのような体験ができますが、映像に魅了されてしまい、気付けばポップコーンを食べる手も止まってしまうという現象が起こります。。

友達とのLINEや仕事のやりとり、映画を見ながら何か案を考えようかななんて時はホームシアターをおすすめしません。

その代わり、映画の世界にどっぷり浸かるなら最高の環境ですよ٩( ‘ω’ )و


SPONSORED LINK

ホームシアターを作るのに必要なもの

続いて、ホームシアターを作るのに必要なものをご紹介します。

  • プロジェクター
  • ヘッドフォン
  • スクリーン(おまけ)
  • VGA変換器(おまけ)
  • 黒のカーテン(おまけ)
  • 間接照明(おまけ)

プロジェクター

ホームシアターといったらプロジェクターが必須です。

今は手のひらに乗るほどの超小型プロジェクターから、4K映像が楽しめる高画質のものまで幅広く販売されています。

価格も1万円代〜何十万もするものまで幅広いのですが、映画を楽しむくらいならそこまで高いものは必要ないかなと思います。

実際わたしが使用しているのは授業でよく使われるタイプのもの。

映りもそこそこよく、映画を見るのにはぴったりです。

ヘッドフォン

スクリーンの画質の良さと並び大切なのは音の良さ。

ここには少しお金を出して、いいものを使うようにしています…!

ダントツにおすすめなのはBluetoothのもの。

プロジェクターをスピード重視で利用すると、意外と配線が多くなってしまうので、ヘッドフォンだけは絶対Bluetoothが良いです✌︎(‘ω’)✌︎

スクリーン(おまけ)

わたしは壁が白く、壁紙の小さいボコボコが気にならないので使用していないのですが、壁紙によっては線が入って見えてしまったり、小さな傷が邪魔になることもあるそうです。

そんなときは取り付けカンタンな白いスクリーンを選びましょう(*´꒳`*)

「白いスクリーンを掛ける場所もないし、穴を開けちゃいけないんだよなあ…」

なんて方も多いはず。そんなときはこのような白い模造紙を貼ると良いそうです。

ちなみに貼り方はこちら

貼っても壁にダメージが少ないマスキングテープを貼る
マスキングテープの上から両面テープを貼る
白い模造紙を貼る

これだとコスパも良くて壁も傷つけずスクリーンが完成します!

VGA変換器(おまけ)

わたしが愛用しているPCはMacBookなので、VGA変換器がPCについていませんでした…。

そこで別売りのVGA変換器を使用しています。

以前プロジェクターを優先でなく、Wi-Fiを使用して繋げることができるアイテムを購入したのですが…

実はWi-Fiを通すと映像が遅れて流れてしまうので、映画には合わないなと思いました。

ぜひ映画を楽しくみたいなら有線でご覧ください!

黒のカーテン(おまけ)

黒のカーテンがあれば朝でも昼でも映画を楽しむことができます。

実際にホームシアターがある友達の家に集まって映画鑑賞をしたときに、黒いカーテンを使いました。

日光がよく入る部屋でしたがある程度は遮ることができたので、日中も映画鑑賞がしたい方は購入をおすすめします٩( ‘ω’ )و

間接照明(おまけ)

「暗くなりすぎるのが苦手…」という方も多いですよね。

わたしは小さな電球が集まった間接照明を使用しています。

全体的にくらいホラー映画は照明がない方が良いですが、多くの作品で照明があると雰囲気が出て盛り上がります。

わたしが愛用する&おすすめプロジェクターとサウンド

続いてわたしが愛用しているものと、これから購入を検討しているものをご紹介します!

愛用プロジェクター・EPSON プロジェクター EB-S04

すでに二年ほど愛用しています。

電源を入れると一瞬で起動するので、観たいな〜と思ったときにすぐ映像を映せるのがとても良いポイント。

音はブーンとしますが、ヘッドフォンをすればすぐ隣にいても全然気付きません。

PC同様熱くなってしまうので、使うときは本棚などの硬い板の上やラック棚に乗せています。

愛用サウンド・Beats Solo3

BEATSは海外セレブや世界で活躍する歌姫たちが愛用するほど、とてもいいサウンドで有名なヘッドフォンです。

もちろんBluetoothなので、ストレスフリーで音を楽しむことが可能✌︎(‘ω’)✌︎

音は決してチープに聞こえず、低音と高音のいい感じのところを取り寄せているので、とても綺麗に聞こえます。

低音が特に聞こえるわけではないので、迫力はそこそこ。

ノイズキャンセリング機能がついていますが、耳にぎゅっとフィットするので、映画を2本観ると耳が痛くなるデメリットが…。

コードがついているので、飛行機の機内でも使用でき、愛用しています(*´꒳`*)

おすすめサウンド・Bose SoundWear Companion speaker ウェアラブルネックスピーカー

今わたしが狙っているのはBOSEのネックフォン。

首にかけるだけでBOSEだからできる大迫力の音を体験することができ、一度手にしたら離れられません!

わたしも体験してみたのですが、控えめに言って最高…。

低音が震えるほどよく聞こえるので、アクション映画には外せません!

唯一の難点は周りの人に少しガチャガチャ音が聞こえてしまうこと。

一人暮らしなら問題ないと思います。

近々ゲットする予定なので、レビューをお待ちください✌︎(‘ω’✌︎ )

超簡単!ホームシアターの作り方

続いてホームシアターの作り方をご紹介します。

超簡単ステップはこちら

  1. 部屋の中で映す位置を決める
  2. ベッドを配置する
  3. 台をセットする
  4. プロジェクターを乗せる
  5. PCと繋げ設置する
部屋の中で壁の面積が広いところを探し、映す位置を決めたら、ベッドをセットし棚にプロジェクターを設置します。

自分の座っているお尻と同じ高さであれば、プロジェクターについている足を伸ばし、少し上の方に移します。

もし目線と同じくらいの高さの棚に乗せられるのであれば、そちらをおすすめします。

このとき、PCと繋ぐコードが邪魔にならないように気をつけてくださいね。

たったこれだけで出来上がり!カンタンですよ٩( ‘ω’ )و


SPONSORED LINK

ホームシアターで見たい!おすすめ作品

ホームシアターが手に入ったら、ぜひ観てもらいたい作品がこちら。

とてもたくさんあるので、ジャンル別に一つずつだけご紹介しますね。

アクション

アクションといったらやっぱり映画『アベンジャーズ』シリーズ。

戦闘シーンが多いので、小さなスクリーンよりも大きなスクリーンの方が迫力があります。

音を少し大きめにして観ると、ドキドキします!

ミステリー

映画『グランド・イリュージョン』シリーズは、マジシャンが悪い人たちからマジックを駆使して社会貢献するという作品です。

劇中にはなんども伏線が張られている上、実際にキャストが行なっているマジックは一瞬も目が離せません。

アクションシーンもあるので、大きなスクリーンで観ると息が止まるほどのスピーディさが体験できます。

ロマンス

映画『イフ・アイ・ステイ 愛の還る場所』は昏睡状態になった主人公が、家族・恋人・友人の愛を確認しながら、現実世界と死の世界を彷徨う映画です。

その一つ一つの行動や言葉に愛がぎゅっと詰まっており、大きなスクリーンで見ると感情移入しすぎて泣けます。

SF

SFといったら映画『スター・ウォーズ』シリーズですよね。

作品と共にレベルアップするCG効果と、戦闘シーンはとても迫力があります。

特に『ローグワン スターウォーズストーリー』は涙なしでは観られません…。

スター・ウォーズの世界に浸りたいならぜひ大画面で!

コメディ

映画『ピッチ・パーフェクト』シリーズは、アカペラグループが歌でトップを狙うという青春コメディ作品。

最近の曲から懐かしい曲まで、誰もが知っているあの曲をコメディセンス抜群な彼女たちがアカペラで歌います。

ステージシーンでは大きなスクリーンだからこそ体験できる迫力に、音楽と映像に酔いしれること間違いなし!

ドラマ

映画『LIFE!』は廃刊になる雑誌会社の最後の表紙を巡って、主人公が世界中を駆け巡るドラマです。

「働く人はかっこいい」というメッセージが込められており、鑑賞後は「わたしもこんなふうに働きたい!」と思わず感じる作品。

世界各国の絶景を回るので、大きなスクリーンで感動を味わえます。

素敵な映画時間の出来上がり♡

一度観てしまったらやめられないマイホームシアター。

実は電気屋さんではほとんど売られていないのが現状なんです。

わたしもネットで購入しましたが、たくさんのレビューが書いてあるので、しっかり読んでから購入しましょう٩( ‘ω’ )و

今は一万円をきるモデルも誕生していますが、あまり安すぎると映像が綺麗でなかったり、すぐ壊れてしまったりします。

長く愛用したいのであれば、ぜひ妥協せず探してみてくださいね!

素敵な映画時間を作れますように

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA