恋愛

【マッチングアプリ】初めて会うときに気をつけた3つのルール&服装&場所など

こんにちは桃(@XxPeach)です。

困っている人
困っている人
社会人になって出会いが全然なかったけど、pairs(ペアーズ)やCROSS ME
に登録したら、ついに初めてきになる相手に会うことに!どんな場所がいいの?どんな服がいい?気をつけることは?

そんな質問に答えます。

 

わたしはのマッチングアプリ歴は4年です。

最初はコミュニケーション目的で利用していたので、会う気は全然なかったのですが、ひょんなことから会うことになり、そのままお付き合いしていた経験もあります。

 

しかし、実際に会う前には、

マッチングアプリで実際に会うって不安だな…変な人だったらどうしよう。いやな思いもするかもな……

と、心の中でモヤモヤしていました。

 

そこで自分なりに考えた3つのルールと服装、時間、場所を守ったら、とても楽しいデートができたのでご紹介します。

マッチングアプリから初めて会うときに気をつけた3つこと

マッチングアプリで出会う

私が実際にマッチングアプリ経由で彼に会う前に気をつけていた3つのことをご紹介します。

  • 暗くならないうちに帰る
  • 人が多いところをこちらから指定する
  • 直前に写真を送ってもらう

順番に説明していきますね。

暗くならないうちに帰る

暗くなってどこかに連れ込まれたり、引っ張られたりしても気付かれない可能性があります。

しかし日が出ていれば、嫌なことをされた時に誰かが気づいてくれるかもしれないし、助けてくれるかもしれません。

会いに行っても簡単に人を信用してはダメ。

自分の身は自分で守るためにも、まだ日が出ている時間帯に帰ることを強くおすすめします。

人が多いところをこちらから指定する

もしマッチングアプリ経由で会った男性が悪い人だった時、人が多いところは下手に何かしようとすると、周りにバレてしまうのでなかなか行動に出すことができません。

そこでいつも待ち合わせやデート先は人が多い渋谷・新宿・原宿・浅草・スカイツリーあたりを指定して、会うようにしています。

 

さらに、こちらから指定することで、土地勘があるところを選ぶことができます。

もし裏道に連れて行かれそうになっても逃げることができるし、まったく知らない道を歩くという危険性は少ないはず。

 

もしあまり東京に慣れていない…という人であれば、スカイツリーや渋谷・新宿の駅周辺から離れないのが良いと思います。

スカイツリー・渋谷駅・新宿駅は外に出なくてもご飯を食べられるところはいくらでもあるし、おしゃれなカフェもあるので心配しないでください。

「わからないから決めていいよ」と言ってしまうのが一番怖いので、必ずこちらから指定しましょう!

直前に写真を送ってもらう

これはダメ押し程度ですが、待ち合わせの1〜2時間前に「探せないかもしれないから…」という理由で全身の写真を送ってもらうようにしています。

そうすることで誰なのかすぐに探し出すことができる上に、もしプロフィール画像と別人だった場合、最後の最後で気づくことができます。

 

やりすぎ…?と思うかもしれませんが、これくらいが丁度良いんです。

マッチングアプリからはじめて会うなら時間は日中〜夕方がベスト

マッチングアプリで出会う時の食事

マッチングアプリで知らない人と会うことになった場合、多くのケースで仕事終わりの夜を指定してくることがあります。

実はこれ、結構危険。

 

マッチングアプリには純粋に出会いを探している人だけでなく、ただ夜を共にしたいと思っている人もたくさんいるのが現状です。

居酒屋に行って酔わされて、自宅に連れ込まれて…というシナリオや、お酒でフラフラになりながらそのままホテルへ…なんてことも、しょっちゅうあるとか。

 

もし、あなたが本当に彼のことが気になっていたり、恋人になりたいな…と少しでも思っている場合、デートの時間はお昼〜夕方にしましょう。

サクッとランチをしたりカフェに行ったり、まずは直接会って相手を知るところから始めるのが良いです。

時間も短く2〜4時間程度に。短すぎず長すぎず、二人が疲れないのがベストですね。

マッチングアプリから初めて会う時の服装は露出禁物

マッチングアプリで出会う時の服装

よく就職活動で「第一印象で90%判断できる」と言われますが、人と会うときにも当てはまります。

人間は最初に入った情報が、二番目三番目に入る情報よりも、濃く脳に記憶されます。

(これは、恋愛心理学では初頭効果とも言われています。)

 

逆に第一印象が悪かった場合、いくら言葉で挽回しても遅いことがほとんど…。

そこで肩や足などを露出している女性=軽いと思われがちなので、「ちょっと強引に誘えばホテルにいけるかも?」と相手に悪い印象を与えてしまうかも。

 

最初のデートは清楚系で大人っぽく、可愛らしい服装が良いでしょう。

わたしは冬だったのもありましたが、長めのパンツスタイルにカーディガンという服装でした。

とにかく露出には気をつけてくださいね。

マッチングアプリから初めて会う時の場所は人が多いところを選ぼう

「マッチングアプリから初めて会うときに気をつけた3つこと」でもお伝えしましたが、マッチングアプリで初めて会う時の場所は、出来るだけ人が多いところを選びましょう。

人が多いところだと、万が一危ない目に遭っても助けてくれる人がいるかもしれません。

そして、必ず時間帯は日中を選びます。

メッセージではいくらでもいい人になりきることができると頭に入れておいてください。

マッチングアプリで会った人と付き合いたいなら恋愛心理学「ランチョンテクニック」が効果的

マッチングアプリで出会いとデート

「実際に会ってもすごく素敵な人だった!」「もっと一緒にいたい」

初デートが成功すると、どんどん胸の中で気持ちが膨らんでいって、予定の時間より長く一緒にいたい…と思いがち。

しかし、そんな時こそデート時間を2〜3時間で切り上げる、恋愛心理学の「ランチョンテクニック」を使いましょう!

「ランチョンテクニック」とは、予想外に早くデートを終わりにすることで、相手に「もう少し一緒にいたい」「もっと話していたい」という真理をもたらすことができるという効果です。

「あと一杯いこう」「良いバーがあるんだ」という、本来の予定以上のお誘いをきっぱり断ることで、相手に「またすぐ会いたい」と思わせ、次のデートに誘われる確率をググッと上げることができる効果があります。

「楽しかったけど、次のデートに誘えない…」と悩むあなたにぴったりの作戦なので、ぜひ試してみてくださいね。

マッチングアプリを使うなら『キャットフィッシュ ~リアルレポート ネット恋愛の落とし穴~』を観ておこう

マッチングアプリで出会うためのアプリ
ここまでお伝えしたことを守っておけば、最低ラインの危険は回避できるはずですが、それでも観ておいてほしい作品が一つあります。

それが海外ドキュメンタリー『キャットフィッシュ ~リアルレポート ネット恋愛の落とし穴~

 

アメリカを舞台に出会い系アプリを通して恋愛している人に、フォーカスを当てたドキュメンタリー作品で、彼らの初めての出会いに密着するという番組。

ドキュメンタリーのタイトルである『Catfish(キャットフィッシュ)』とは、英語で「なりすまし」という意味です。

「私が本当に話している人は、本当に写真の人…?会って大丈夫…?」と不安になる人たちが実際に相手に会った時に、二人の恋は本物なのか、はたまた騙されていたのか…を追う作品となっています。

 

キャットフィッシュ ~リアルレポート ネット恋愛の落とし穴~』は2週間無料のHuluで見ることができます。

2週間無料のHuluに申し込む

Huluは、2週間の無料期間中に解約すればその後料金が発生することはありません。キャンセル手続きは忘れないようにしましょう。

2〜3話だけでもいいので、ぜひネットで知り合った人に会いたい!と思った時には観てみてください。

出会いを大切にして素敵な彼をゲットしよう

マッチングアプリで出会う
「出会い」に関するサービスやアプリはたくさん出てきていますが、まだまだそこからの出会いは当たり前ではなく「え、ネットで会った人と付き合ってるの…?」なんて不安がられることもあります。

しかし、マッチングアプリ先進国のアメリカでは、ここ2〜3年に結婚した4組に1組が、マッチングアプリで出会ったという調査結果も出ています。

 

もちろん、これまでに出会い系を通じて、実際にあったら危険な目にあって命を落としてしまった…という悲しい事件も起きているのは事実です。

マッチングアプリに頼りすぎるのではなく、一つの出会いの手段として楽しみ、素敵な恋愛をしてくださいね。

最後にわたしが実際に利用しているマッチングアプリを3つご紹介します

登録中のマッチングアプリ
  • pairs・・一番人気&マッチしやすいサービスでたくさん相手が見つかります。
  • CROSS ME・・すれ違うだけでマッチできるとても楽に相手が見つかります。
  • 共通点でマッチ!恋愛婚活「with」・・メンタリストDaigoさん監修の心理学で相手とマッチできるサービスです。
ABOUT ME
桃@Momo
92年生まれ。アメリカ&イギリスへの留学で日本語力ゼロのアメリカ人と2年交際できるほどの英会話力→元旅行会社で新卒入社から半年で営業成績トップ→転職歴3回→フリーライターに。ひとり旅好きで20ヵ国以上訪問したけど日本が一番好き。