>> サイトマップはこちら <<

旅行と生理が被るかも…でももう悩まなくてOK!必要最低限の気になる持ち物や必要なものリスト

旅行 生理 持ち物

こんにちは旅行は海外&一週間程度が多めの桃(XxPeach)です。

  • 次の旅行と生理の日が被りそう…
  • 明日は出発なのに生理が始まっちゃった…
  • 海外でもし生理になったらどうしよう…

こんな不安を持ったことはありませんか?

私も一年に4〜5回は旅をしていて、そのほとんどが海外旅行か国内温泉旅行です。毎回旅程を組む時に

生理にならなきゃいいのにな…

と心で祈りながら旅行スケジュールを立てています。女子あるあるですよね。

でも1ヶ月に一度はきてしまう、生理期間。

生理の量も多めで生理痛も重い私が実践している、生理が被りそうな時に旅行に持っていく持ち物・対策をご紹介します。


SPONSORED LINK

生理になったら悲しい3つのこと

旅行 生理 持ち物
まず最初に、旅行中に生理になったら悲しい3つのことをご紹介します。

  1. 生理痛でストレスがハンパない
  2. お風呂(お湯・温泉)に入れない
  3. 100%の自分で楽しめない

生理痛でストレスがハンパない

生理前後は女性ホルモンの分泌が非常に多くなるため、とてもイライラします。

理由がなくてもイライラしてしまうのに、友達との旅行で遅刻される、彼氏と意見の不一致などは、もっとイライラが溜まるポイントです。

自分と上手に付き合うことが大切ですが、そんな簡単にコントロールできたらみんな悩みませんよね…。

わたしも彼との喧嘩は必ず生理中に起きているので、あとで全力で謝る以外どうしようもありません。(ごめんJ(彼氏)。)

生理中はお風呂(お湯・温泉)には入れない

お風呂は一日の疲れを癒すのに、日本人には必須。

海外のホテルでバスタブがついていたら、「あたたかいお湯に浸かって一日の疲れが癒される…!」と、テンション上がりますよね!

しかし生理中は、お湯やお風呂に入ることができません。

生理は体内の血が外に流れ出ている行為のため、他人の血液は意外と危ないんだとか。

さらに温泉では、不特定多数の人が入るためお湯に雑菌が含まれることが多く、敏感になっている体に菌が入り込んでしまうこともあるんだそう。

どうしてもお風呂に入りたければ、足湯になりそうですね…。

100%全力で楽しむことができない

生理痛は日常生活にいろんな症状をもたらします。

例えばわたしは、下記のような症状が毎月やってくるのでもう悪魔の時間…。

  • 生理前は胸が張って痛い、辛い
  • 頭がぼーっとして物事をシンプルに考えたくなる
  • お腹は空くのに常に吐き気がする
  • 急な腹痛で歩けなくなる(波があるので椅子から一歩も動けない)
  • これまで気にも留めなかったことで、八つ当たり&喧嘩になる

いやもう、それは地獄のような時間…。

1ヶ月に一回こんなわたしになるのに、それでも付き合ってくれてるJに感謝です。

旅行中に生理になったらもうとんでもない、観光どころではありません。

一日中、「早くホテルで横になりたい…」と青白い顔で心の中で叫んでいます。


SPONSORED LINK

旅行と生理が被る時の持ち物リスト

旅行 生理 持ち物
続いて、そんな地獄のような生理と付き合うための、持ち物リストをご紹介します。

  • サニタリーショーツ 1〜2枚
  • 生理用ナプキン 大1 中3 小4枚
  • ミニ洗剤

サニタリーショーツは念のため2枚

サニタリーショーツは生理が被りそうであれば必ず持っていきます。

もし多くて漏れてしまった場合、洗って干さないといけないので、念のため2枚持ち。

お腹を冷やさないことが大切なので、なるべくハイウエストのものを選ぶようにしています。

生理用ナプキンは日本製がイチバン

生理用ナプキンは海外でも購入することはできますが、私は必ず持参します。

大きいのが一日目の夜用。

中くらいのものは3〜4枚ほど持っていきます。

おすすめはセンターイン!パッケージが可愛いし匂いも良いし、とても小さくなるので持ち運びにぴったり。

合わせて小さいものを持っていくことで、生理後半にも耐えられるようになっています。

ちなみに小さいものは生理用ではなく、おりものシートを使っています。

生理汚れはミニ洗剤で解決!

万が一ショーツに漏れてしまった場合でも、ミニ洗剤を持ち歩いておけばもう怖くない!

ショーツくらいなら水で濡らして、洗剤でちょこちょここするだけでOK。

もしどうしても汚せない、心配なシーツで寝るときは、持ってきたタオルを腰のあたりに敷いておくと、安心して眠ることができるのでおすすめです。

かさばる生理用品の持ち運び方

旅行 生理 持ち物
生理用品ってどうしてもかさばるんですよね。

わたしはこうして持ち運んでいます

  • ミニ圧縮袋またはジップロックに入れる
  • 可愛いポーチに入れる

必需品の圧縮袋

荷物のかさばらない持ち運び方はなんでも圧縮袋に入れてしまうこと。

タオルや下着・洋服もぜーんぶ圧縮袋頼みです

もちろん生理用品も小さくコンパクトにしてぎゅっと圧縮するだけ。

片手でクシュっと空気が抜けるのも、大きなポイントです。

可愛いポーチで持ち運ぶ

憂鬱な整理中も、お気に入りの可愛いポーチで持ち運べば、怖いものはありません!

圧縮袋でぎゅっと小さくなった生理用品は、まとめて可愛いポーチに入れてしまいましょう。


SPONSORED LINK

海外旅行なら生理痛の薬も持っていこう

最初にお伝えした通り、わたしは生理痛が重くひどく、一日中動けなかったり歩けないことがあります。

昔、「一度薬に頼ると、これから毎月薬を飲まないといけないことになる」と言われてから、日本にいる間は薬の服用をやめていますが、海外旅行だけは別です。

せっかく飛行機に乗って海外に来ているのに、楽しめないなんて残念すぎる!

薬で解決するなら飲んで楽しもうという自分ルールで、薬は念のため持参しています。

旅行の話が出たら、生理を把握しておくとGOOD

一番いいのは、生理に被らない時に旅行にいくこと。

今はアプリで簡単にチェックしておくことができます。

ルナルナ : 生理/排卵日予測 生理日管理アプリ

ルナルナ : 生理/排卵日予測 生理日管理アプリ

MTI Ltd.無料posted withアプリーチ

 

日頃から自分の体と向き合って、何日周期なのか、生理になったらどれくらいの量が出るのか、何枚ナプキンを使ったかなどを細かくチェックしておくことで、生理と上手に付き合うことができます。


SPONSORED LINK

生理だって楽しみたい!もう悩むのは終わりにしよう

旅行 生理 持ち物
わたしは人より生理が長く、小学校5年生の時から生理と生理痛と付き合っています。

最初のころは何度か生理が旅行に被り、一日ホテルで寝ていたことも…。

もし次の旅行が生理に被ってしまうようであれば、ぜひご紹介したことを実践してみてくださいね!

素敵な旅行になりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA