旅行

【防犯対策】女ひとり海外旅行時の8つのマイルール【トラブル未経験です】

こんにちは桃(@XxPeach)です。

困っている人
困っている人
海外って日本よりずっとずっと治安が悪いんだよね…?想像するだけで怖すぎて外も歩きたくないけれど、その中でもできるだけ楽しめるような、防犯対策が知りたい!どうすればいいの?

そんな質問に答えます。

 

わたしはこれまでに20ヶ国以上を旅して、そのうち10ヶ国以上はひとり旅です。

心配性のわたしは、毎回しっかり防犯対策をして行くので、これまでスリや置き引きなどのトラブルに一切遭ったことがありません。

もちろん、運も関係していますが、しっかり防犯対策をしているのも大きいと思うんですよね。

 

そこで、今回はわたしが海外旅行に行くときには、必ず行なっている防犯対策をご紹介します。

わたしの海外防犯対策

わたしが行なっている海外旅行時の防犯対策はこちら

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

  • 夜は一人で出歩かない
  • 安全はお金で買え!GrabやUberを積極的に使う
  • 路地には絶対に入らない
  • 歩きスマホはしない
  • お財布は人前で出さない
  • 安すぎる宿には止まらない
  • お金は分散させる

[/list]

順番に詳しく説明していきますね。

夜は一人で出歩かない

夜は絶対に一人で出歩きません。

わたしは「危なそうだな…」と感じた場所は、暗くなる前にホテルに戻っていました。

 

すぐに帰ることが出来るように、そして、万が一遅くなってしまった時にでも、出来るだけ明るい中帰れるように、ホテルはできるだけ駅近や大通りに面したところに取るようにしています。

夜、一人で出歩くのは本当に危険なので、やめておきましょう。

安全はお金で買え!GrabやUberを積極的に使う

もし、夜行きたい場所があったり、鑑賞したいオペラやミュージカルが夜だけの場合、積極的にGrabやUberを利用しましょう。

GrabやUberは、タクシーの配車サービスです。

海外のタクシーでは見つけるのも一苦労、見つけたあとも、メーターが回っていなかったり、料金交渉をする必要があります。

 

しかし、GrabやUberはアプリで出発地とゴール地点を決めるだけで、近くにいるタクシーがすぐにきます。

料金も確定する上に、現金払いかクレジットカード払いか選べるので、登録しているクレジットカードを選択すれば、現金がなくてもタクシーに乗れます。

路地には絶対に入らない

海外の街を歩いていると、いつもは行かないような場所にも行ってみたくなったり、好奇心がくすぐられてちょっと冒険したくなります。

でも、海外こそ好奇心をしっかりコントロールして、暗い路地には入らないようにしましょう。

 

間違って入ってしまったり、危ない雰囲気を感じたら、すぐにでも引き返すのが賢明です。

「どうにかなるだろう」は海外では通用しないので、自分の安全を一番に考えてくださいね。

歩きスマホはしない

ついつい迷ってしまった時にしてしまいがちな歩きスマホも、海外ではしないようにしましょう。

スマホを持っていればスられて売られてしまうのがオチ……。

 

もしスマホを見るときは、お土産やさんに入ってサクッと確認をするのがおすすめです。

お財布は人前で出さない

お財布は絶対に人前では出さないようにしましょう。

お札を数えてみたり、小銭を出そうとしている時も、スリの目はギラギラ光っています。

そのお財布をどこにいれたかまでしっかり確認しているので、お財布を出すときは細心の注意を払いましょう。

 

私はいつも、お買い物に行くときは使いそうな金額だけを小さな財布にいれて持ち歩きます。

そこからちょこっとずつ出して行くと良いです。

安すぎる宿には止まらない

安すぎる宿には必ず裏があります。

あまり清潔でなかったり、セキュリティがしっかりしていなかったり、デメリットも多く見受けられます。

ホステルを予約する際は、必ず口コミを見ましょう。

 

少しでも危なそうだな…と思ったら、別の場所に宿泊するのがおすすめ。

もし、最初からあまり治安の良くない地域だとわかっているなら、しっかりした4つ星や5つ星ホテルに宿泊するのも一つの策です。

 

どちらにせよ、しっかりレビューを見て周辺情報をチェックしておくのが一番です。

お金は分散させる

お金は分散させるのが基本中の基本です。

わたしはいつも、メインのお財布とサブのお財布、さらに小銭入れを持ち歩いています。

 

メインのお財布、サブのお財布にお札を中心に、小銭入れは最低限のお札と小銭をいれています。

小銭入れには、万が一囲まれてしまった時に、すぐに渡すことができるような、諦められる金額を入れ、買い物に行きます。

 

スリが多いというナイトマーケットに行く時も、小銭入れだけ持って行きました。

カバンはどこに行くのにも肌身離さず持ち歩く

日本では場所取りなどにカバンを置いたり、トイレに立つ時に貴重品だけ持って席を立つこともありますが、海外では絶対にしません。

たとえカフェでお手洗いに出るときも、必ず手に持って席を離れます。

 

ひとり旅って「ちょっと荷物見ててくれる?」が出来ないので、ちょっと面倒ですが、物を取られないかハラハラするよりも良いかな…と思います。

海外での防犯対策をしっかりして楽しもう

日本は世界でもトップレベルの治安の良さ。

これに慣れてしまっていると、いざ防犯対策っていうとなかなか難しいですよね…。

しかし、ちゃんとルールを決めてそれに従っていれば、海外でも楽しく過ごすことができます。

忘れて欲しくないのは、迷ったら安全はお金で買うこと。

大体のことはお金で解決できますが、命の危険はお金ではどうにもなりません。

危ないな…怖いな…と感じたら、すぐにタクシーに乗る、ちょっといいホテルに泊まる、夜に移動しないようにスケジュールを組むなどを徹底してください。

ABOUT ME
桃@Momo
92年生まれ。映画(洋画)と旅がすき。物心ついたときからずっと恋してます。国際遠距離恋愛中で英語が趣味。