仕事

旅行会社の就職難易度が低いベンチャー企業を狙う3つの理由【元OL直伝】

こんにちは桃(@XxPeach)です。

困っている人
困っている人
旅行会社に就職したい。でも自分はFラン大学だし受かるか不安……落ち続けたらメンタルやられるしどうしたらいいのかな?

そんな疑問に答えます。

 

本記事の内容
  • 旅行会社就職の難易度は比較的低めです
  • Fラン大学生が旅行会社に就職するならベンチャーを狙え

 

わたしは新卒でベンチャーの旅行会社に就職し、2年間働いていました。

Fラン大学出身だったのでたとえ「新卒」という最強カードを持ってしても、なかなか就職先が決まらず苦戦しました。

しかし、ベンチャー企業を狙ったら意外とすんなり就職が決まったんですね。

その過程をご紹介します。

旅行会社の就職難易度は比較的低めです【狙うはベンチャー】

タイトルの通り、旅行会社の就職難易度は比較的低めです。

なぜなら日本に旅行会社はたくさんあるから。

「旅行会社、全然受からない……」

と思っている方は、だいたいみんなが知ってる企業を受け続けてるからです。

有名企業は学歴やキャリアをみて採用しがち

有名な企業は学歴やキャリアをみて採用することが多いです。

有名な企業の位置付けは、ここでは店舗を持っていたりCM広告を打ち出しているところしますね。

わたしの友人で何人か旅行会社の有名企業に就職した人がいましたが、みんな名が知れてる大学か、間工学部出身でした。

わたしはFランな上に観光学部ではありませんでしたが、旅行会社に就職できたのは、ベンチャーを狙ったからですね。

旅行会社の就職で狙うべきベンチャー企業のメリット3選

  • 一から十まで早い段階で全部を教えてもらえる
  • 成長スピードが圧倒的に早い
  • 幅広い知識を身につけられる

順番に説明していきますね。

一から十まで早い段階で全部を教えてもらえる

ベンチャー企業は会社としてまだ日が浅いので、一人一人の裁量が会社の営業成績に大きく関わってきます。

会社側としてはなんとかして戦力になってほしいと、短期間で一人前になってもらいたいとあらゆる努力をします。

有名企業では「1〜2年目は国内旅行だけ、3年目にならないと海外は扱わせてもらえない」なんてこともあるそうですが、ベンチャーはそんなことしてられないんですね。

ちなみにわたしは、入社半年で営業トップになりました。

それくらいなんでもさせてくれます。

成長スピードが圧倒的に早い

「一人ひとりに手取り足取り教えられないから、見よう見まねでやってみて」

といったイメージがベンチャーです。

大手ではよくある、3ヶ月〜半年かけてゆっくり仕事内容を覚えていくスタイルは取っていません。

なんなら1ヶ月間でいろんなことをぎゅっと詰め込まれて、5月のゴールデンウィーク明けには先輩と同じ仕事をしていることもざらにあります。

一気に成長してどんどん仕事ができるのも、ベンチャーの強みですね。

幅広い知識を身につけられる

先輩も上司も忙しいため、一人で最初から最後までを受けるので、幅広い知識を身につけられます。

例えば、取引先に直接電話をして予約を入れたり、ホテルや航空会社の人と電話で話したり。

わたしの場合、すべてオンラインで行われており、実際に誰かに会うということはありませんでしたが、電話先で仲良くなっていろいろ情報を仕入れることもありました。

それが結果、営業成績に繋がって結果を出すことができました。

その後の転職でも、この結果を上手に活用することで、スラスラと次の就職先が決まったのはいいことですね。

旅行会社に就職したいなら重宝されましょう!

ベンチャー企業は即戦力を求めています。

「旅行が大好きです!」という気持ちだけではやっていける仕事ではありません。

が、「旅行が大好きです!」の気持ちは強いし、一人でも多くの人に旅に出て欲しいと思っているなら、仕事覚えも早いはずです。

なぜなら、実際に働いていて苦しいこともつらいこともあったけど、本当に楽しかったから!

重宝されるためには「旅行が大好きです!」の気持ちを忘れないこと、そして「英語力」があることです。

これについては下の記事でお話ししているので、読んでみてください。

旅行会社に就職するのに英語力は不必要です【でもあったら超便利】こんにちはながもも@桃(@XxPeach)です。 そんな疑問に答えます。 わたしは新卒で旅行会社に就...

旅行会社に入りたい!という方、応援しています!

ABOUT ME
桃@Momo
92年生まれ。アメリカ&イギリスへの留学で日本語力ゼロのアメリカ人と2年交際できるほどの英会話力→元旅行会社で新卒入社から半年で営業成績トップ→転職歴3回→フリーライターに。ひとり旅好きで20ヵ国以上訪問したけど日本が一番好き。