旅行

女性ひとり旅のメリット・デメリットをまとめたら人間的にも成長してた【旅歴9年目】

こんにちは桃(@XxPeach)です。

[say name=”ひとり旅に出たことがない人” img=”https://momoxpeach.net/wp-content/uploads/2018/02/woman-8.png”]ひとり旅に出てみたいけど、なかなか勇気が出ない……背中を押して欲しい!まずはメリットを教えて![/say]

 

わたしも今となっては旅歴9年目(18歳〜)、訪問国数は20ヶ国以上、ひとり旅経験国数は10ヶ国以上のわたしが、ひとり旅のメリット・デメリットを語ります。

 

[list class=”li-yubi li-mainbdr main-c-before”]

  • ひとり旅のメリットが知りたい!
  • ひとり旅のデメリットも知っておきたい!
  • ひとり旅で成長できるって本当?

[/list]

と、思っている人に向けた記事になっています。

日本人はひとり旅好きが多め

1月に東南アジア(韓国・台湾・ベトナム・タイ・マレーシア・インドネシア)にひとり旅に行ってきたのですが、あらゆるところで、

一人で旅してるの!?彼氏は?友達は?なんでひとりなの!?

と質問攻めにされました。

 

どうやらTABIZINEさんの記事によると、日本人の3人に一人がひとり旅経験者で、世界トップだそう。

いろんな国で「うちの国では女の子が一人で旅なんかしないよ!」って言われたのは、このことか……と納得。

 

とにかく、日本人はひとり旅を好む人が多いそうです。

ひとり旅のメリット

まず、わたしが考えるひとり旅のメリットを、実体験からご紹介します。

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

  • 他人を気にしなくて良い
  • 好きなところに行ける
  • 防御力が高まる
  • 誰にも怒られない
  • 買いたいものだけ買える
  • 自分の時間を好きなだけ使える
  • ひとりの時間が楽しめる
  • どこへでも行ける自信がつく
  • 好きなものを好きなだけ食べられる
  • 二人旅以上が楽しくなる
  • 「どうにかなる」精神が鍛えられる
  • 勇気が持てる
  • ポジティブ思考になれる
  • ちょっとやそっとじゃ落ち込まない
    [/list]

他人を気にしなくて良い

「今楽しいかな」「嫌なことに付き合わせてないかな」

友達と一緒に行くと、一日中ずーっと頭の端っこにこの疑問が浮かんでいます。

これはどんな友達と一緒に行っても思うことなので、わたしの場合友達歴は関係ないんだと思います。

でもひとり旅なら、そんなことを考えてなくて大丈夫。

自分の気持ちに正直に、足を進めるだけでいいんです。

好きなところに行ける

「わたしは全力で楽しいけれど……」

どこに行こうか迷った時や、自分が絶対に行きたいと思っていたところに友達とくると、「本当は嫌って言えなかったから来てくれたのかな」と変な心配をしてしまいます。

誰かとどこかに行くときって多くの場合ざっくりプランを決めておくので、正直自分が興味のない場所や前行ったところに再度行く可能性は非常に高いです。

でも、友情を壊したくはないから言えないですよね。

そうなるともしかしたら相手も同じ考えなのかも……と思ってしまうと100%楽しめません。。

防御力が高まる

ひとり旅では基本的に、助けてくれる人が近くにいません。

防犯対策もトラブル解決も、全部一人でする必要があります。

わたしも、毎回どこかへ行くときは行き先のリサーチ、危険エリア、それにあった防犯対策をいろいろ考えてから旅に出ます。

そうして現地に行くと常に危険アンテナを張って観光することができるので、危険な目やトラブルに遭う前に回避することができます。

この防御力が高まることで、日本にいても海外にいても、怖い思いをしたことが少ないです。

誰にも怒られない

「今日は気分が乗らないな〜」

わたしは人一倍マイペースで気分屋なので、その日の気分で観光に行くか行かないか、決めることがよくあります。

もし誰かといたら「ここ行きたかったのに」「なんでまだ出発しないの?行く気あるの?」と問い詰められるだろうな……と思うことが多々ありますが、一人なので誰にも怒られることはありません!

自分の気持ちに素直に動くことができるひとり旅は、わたしにぴったりです。

買いたいものだけ買える

友達とどこかに行くと、最初は欲しくなかったけど欲しくなる現象、起きたことありませんか?

わたしは、日頃から必要なものだけを買う!と強い気持ちを持っているのですが、友達と旅に行くと流れで自分も購入することになることがときどき起こります。

それもひとり旅ではなく友達と旅に行くメリットだと思いますが、わたしは出来れば自分の欲しいものだけを買いたい!

ひとり旅なら誰の意思も関係なく、自分の意思で買いたいものを買うことができます。

自分の時間を好きなだけ使える

「ちょっとカフェで一息つこうかな」「あの雑貨屋さん、雰囲気が好きだからゆっくりいようかな」「公園でこの街の雰囲気を楽しもうかな」

その都市で必ず行きたい場所だけ決めておいて、細かい時間を決めないので、自分の時間を贅沢に使うのが好きなんです。

友達と一緒旅をしていたら、きっと張り切っていろんなところに行こう!楽しもう!と意気込んでしまうんですよね。

頑張り過ぎてしまって心が疲れてしまうので、わたしは断然ひとり旅派です。

ひとりの時間が楽しめる

ひとり旅をはじめてから、一人の時間を上手に過ごすことができるようになりました!

海外ひとり旅に出る前は、日本にいても一人でレストランやカフェに行くことができなかったし、

さみしいなあ……

と思いがちだったのですが、ひとり旅に出てからというもの、一人の時間があるということはとてもラッキーだと思えるようになりました!

今わたしの好きな時間は、列車から窓の外を一人で眺めている時間です。

一人になるとこれからのことや、やりたいこと、挑戦したいことを具体的に考えたりする、自分のこれからを作る時間に当てることができます。

わたしにとってはとても成長する時間で、人生においてとても重要です。

どこへでも行ける自信がつく

実はひとり旅に出るまでは、一人でレストランに行くのも恥ずかしくて行くことができませんでした。

もしかしたら、地元の誰かに見つかっちゃうかも…

なんて思ってたのです。

でも、ひとり旅に出たら一人レストランだけでなく、一人カラオケ、一人ディズニーも行けるようになりました…!超進歩!

好きなものを好きなだけ食べられる

基本的に毎日の食事はできるだけ違うものを食べたい!と思っていますが、本当に気に入ったらずっと食べられちゃう私。

先日の台湾では一日3タピオカ、お昼と夜に小籠包を食べました。

でも、誰にも怒られません。

だってひとり旅だから!

二人旅以上が楽しくなる

それに、ひとり旅に出ると、次に誰かと一緒に旅をするときに、とても楽しい!と思えるようになります。

特に、食事の時には一人で食べるよりもみんなで食べた方が美味しいし…。

これまでひとり旅最高!と思ってたけど考えが変わったよ

「どうにかなる」精神が鍛えられる

何かトラブルが起きたとき、頼りになるのは自分だけ。

自分の力でどうにか乗り越えないといけません。

もちろん、トラブルに巻き込まれないようにすることが一番大切ですが、多くの場合はお金で解決できたり、妥協すれば解決できるもの。

最初のうちは「どうしよう、どうしよう」と焦っていましたが、焦って解決するものでもないし、むしろ「命だけ守ることができればどうにかなる!」と思うことで、冷静に対処することができるようになります。

めちゃくちゃ心配性のわたしでも、何度かの経験で乗り越えて来ました!

勇気が持てる

どこに行こうと何をしようと、全部自分次第。

だからこそ、勇気を持って一歩踏み出すことで「なんだ、やればできるじゃん!」と自分自身を褒めることが多くなりました。

以外にも20代半ばに突入すると、周りから褒められることってがくっと減るんですよね。

「それくらいできて当たり前でしょ」って思われがち。

自分だけでも自分を褒めてあげることで、自己肯定感もググッと上がるしどこへ行くのにも楽しくなります!

ポジティブ思考になれる

先ほどから何度も伝えていますが、ひとり旅で信じられるのは自分だけ。

どんなことも乗り越えていかないといけません。

だからこそ、いつだってポジティブ思考でいないと大切な時にしっかり判断を下すことが難しくなります。

わたしの場合、アメリカの田舎でレストランに行った時にみんなが笑顔でいたり、イギリスのパブでおじさんたちが子供のようにはしゃぐ姿をみて、自然と笑顔になることで思考もポジティブに変わりました。

ちょっとやそっとじゃ落ち込まない

ひとり旅に出ると、時間ぴったりに電車が来なかったり、急に寂しくなったり、ネットが繋がらなくて時間をロスしたり……日本にいても普通に感じるマイナスのことが、より際立って見えてくるようになります。

でも、だからと言っていちいち反応していたら、心がどんどん疲れてしまいます。

海外に出ると「ま、いっか」と諦められるハードルが一気に下がり、ちょっとやそっとじゃ落ち込むことはなくなりました。

一番効果があったのが好きな人からの連絡が止まったとき。

「世界のどこかで生きていてくれればいいや。そしたらそのうち会えるかもしれないし」

と思ったときには我ながら「いやいや、落ち込もうよ」と突っ込んでしまいました。

ひとり旅のデメリット

続いて、こちらも実体験から感じたひとり旅のデメリットをご紹介します。
[list class=”li-check”]

  • いろいろ高い
  • 寂しい
  • 一歩が出ない
  • 狙われやすい
  • 安心感ゼロ
  • 自分ひとりでなんとかしないといけない
  • 訪れる場所を選ぶ必要がある
  • 独り言が増える
  • 思い出を共有する人がいない
    [/list]

いろいろ高い

最初に挙げられるのはホテル。

海外では基本的に1ルーム計算で部屋の値段が決まり、最大3名まで宿泊できるので、一人はコスパが悪すぎる……。

ちなみに、コスパを考えると3名での宿泊が一番おすすめです。

自分の気持ちを高めていくためにも、海外で五つ星ホテルに宿泊するのがマイブームなのですが、バンコクのミレニアムヒルトンもクアラルンプールのリッツ・カールトンも、一人だととんでもなく高い…。

入場料も、一人より二人や三人の方が割引が効くところもたくさんあるので、そんなときは「ひとり旅、コスパ悪いかも……」とちょっと落ち込みます。

寂しい

かれこれ18歳の頃にひとり旅に出てから「海外旅行はひとり旅派!」と断言して来たわたし。

しかし、先日韓国に旅好き仲間と女子会をした後、わたしだけアジア周遊の旅に出たのですが、そのときの寂しさっぷりったらもう!

ご飯も一緒に食べられないし、ただ「可愛い」を連呼しながらするショッピングも、お腹いっぱいなのについつい手が出ちゃう屋台の食べ物も。

「ひとり旅ってこんなに味気ないの…」

と愕然としました。

あれ、わたし、ひとり旅に慣れて寂しくないはずなのに……日本に帰りたいという気持ちが日に日に増していきました。

一歩が出ない

「一人だしな…どうしようかな…」

という心の中での葛藤は7割の確率で負けてしまい「行かない」を選択しがちなわたし。

友達とだったらまんまと乗せられて行くのに、ひとりぼっちじゃ楽しさ半減なんですよね……

一度知った二人、三人旅の威力……おそるべし。

狙われやすい

世界一治安のいい国と言われる日本で生活していると、危機管理能力がグッと下がってしまいますよね。

海外での女ひとり旅はターゲットにされやすいんです。

だからこそ、念には念を入れて防犯対策はしておくのがイチバン。

狙われやすいという事実を知って、しっかり対策をしていきましょう。

安心感ゼロ

ひとり旅では自分の身は自分で守る必要があります。

カフェで一人でいるとき、「ちょっとトイレに行きたいから荷物そのままでいっか」もできません。

(ちなみにわたしは、貴重品は全部トイレに持って行きます……)

なかなか安心して過ごせないですよね……。

しかし、その分危機管理能力はグーンとアップします!

自分ひとりでなんとかしないといけない

友達がいれば知恵を出し合って助け合うことができるかもしれませんが、一人では自分の力でなんとかしないといけません。

自分で調べて自分で解決方法を見つけ出す必要があります。

そんな時に便利なのが、レンタルWiFi。

スイッチを入れるだけで、どこにいてもインターネットが使えるようになり、特に難しい設定は必要ありません。

訪れる場所を選ぶ必要がある

ひとり旅は二人以上の旅より、狙われやすいです。

そこでわたしは、ひとり旅出来るだけ治安の悪いと言われている都市を避けています。

「人通りのない場所をひとりで夜を出歩かない」というマイルールも徹底しているので、バーやパブもひとりでは行きません。

ちょっと面白くないかもしれませんが、早寝早起きをして行きたいところに行くことが出来ます!

独り言が増える

誰とも話すことができないひとり旅は、非常に独り言が増えます。

わたしは「わー綺麗!」「美味しそう」と言うだけでなく、「どっちにしようかな……」となんでもかんでも口に出してしまう癖がついてしまいました…。

自分では気づかなかったのですが、先日韓国で女子会をした時の独り言っぷりがひどかったようです(笑)

「またなんかひとりで喋ってる〜(笑)」といじられてました(笑)

思い出を共有する人がいない

これまでたくさんの景色を見てきましたが、そこはいつもひとりでした。

例えば、友達と一緒に同じ景色を見れば、ふとした時に話が盛り上がり、「あの時は素敵だったね」と思い出に浸ることができます。

思い出は共有することで、もっともっと自分の中で素敵な景色になっていくもの。

しかし、ひとり旅ではそれを自分自身でしか出来ず、そのとき感じた思いや雰囲気は全部自分一人だけのものになってしまいます。

実はこれが、ひとり旅の中で一番のデメリットかもしれません。

ひとり旅が不安なら国内日帰りからチャレンジしよう

もし、ひとり旅が不安ならいきなり海外に行く必要はまったくありません。

関東に住んでいる人は大阪、京都、福岡など、大きな都市を選ぶと良さそうです。

地理はおろか、列車やバス、地元ならではのルールを知らない中で、いろんなことを知りながら旅するのって、たとえ日本語の通じる場所でも楽しいです。

もし、疲れてしまったらすぐにお家に帰れるのも良いところ。

自分のペースに合わせてまずは国内旅行からひとり旅を始めましょう。

ひとり旅に向いている人・向いていない人の差はそこまでない

よく、こんな人はひとり旅に向いている・向いていないという話になりますが、そもそもひとり旅に向いていない人は誰一人いません。

でも、「一人じゃ寂しいな」「一人じゃ行きたくないな」と少しでも思ったなら、無理していかない方がいいと思います。

だって、旅は楽しいものだから。

ネガティブな気持ちが大きくなっているなら、それはもしかしたらひとり旅に出るタイミングではないのかも。

自分の気持ちに正直になることが、ひとり旅成功の一番の秘訣です。

行きたい人がひとり旅に出ればいい

ここまでひとり旅のメリット・デメリット、特徴などを並べてきましたが、わたし個人的には全力でひとり旅を推奨しているわけではありません。

なぜなら、海外には日本では起こり得ないようなトラブルがたくさん起こるものだから。

一歩外に出たら、すべてが自己責任です。

それらにちゃんと対応できる!何があってもへこたれない!という気持ちの強い人であれば、きっと海外でも楽しめるはず。

安全だけには気をつけて、楽しく旅をしていきましょう

ABOUT ME
桃@Momo
92年生まれ。映画(洋画)と旅がすき。物心ついたときからずっと恋してます。国際遠距離恋愛中で英語が趣味。